神戸隆弘 オフィシャルサイト

嫌われる恐怖から解放されよう!自分らしくいられる、ある法則がある

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

相談を受けた方のお悩みから少しお話をしていこうと思います

そのかたは

今まで理想の自分を演じてきた
母親に認められるために頑張っている
パートナーと喧嘩なんかしたことないそんなことしたら嫌われるから

と話していました。

気持ちはすごくわかります。
そのままの自分で生きることって難しいですよね

そのままの自分で愛されるって思えたらどんなに楽か

本当のその通りだと思います
難しく感じてしまいます

でもね、確かに難しそうなんですけど
こういう考え方を採用して見てもらったらどうでしょうか

2:2:6
パレートの法則の派生した考え方だと思うんですが・・
会社の中でよく言われる法則の一つで
集団になると、2割が優秀で、6割は普通で、2割がよくない

と言われます

これは実は人間関係でも同じで
しかも、誰もが当てはまるということです

人気者のあの人でも、人気なさそうなあの人でも当てはまるんです

どういう内容かというと

どんな人だろうが

2割の人に好かれて
2割の人に嫌われて
6割は無関心なんだ

ということです。

誰もが当てはまる法則なんです。

芸能人だろうが、一般人だろうがです。
芸能人って人気者じゃないか!好かれている人は2割じゃないだろうって思うかもしれませんが
割合が2割なんで、芸能人の場合は母数が多いと考えてくれたらわかると思います

ぼくらなんかよりも認知度が高いですよね
一般人なら、認知されてて100人くらいですかね
芸能人は何万といるわけです。SNSのフォロワーだけでもそれだけいるんですから
テレビのリポートでも、田舎に行っても知られているの芸能人ですからね

だから、一見人気者に見える人も、単純に母数が多いから好かれている数が多そうに見えるけど
全体の割合でいったら2割なんです
反対に2割は嫌っているわけです
母数が多いから、嫌っている人も多いですよ。人気な分、嫌われているってことですからね

で、これは一般の人も同じ

で、どんな人でも同じです

あなたにとってダメだと思う人もそうだし、
あなたにとってすごいと思う人も同じなんです

ニートの人だって、エリートだってそう
割合は同じってこと

経営者だろうが、サラリーマンだろうが、個人事業主だろうが関係ありません

そう考えると・・・

そのままの自分でも演じた自分でも同じなんです
結局どうやっても、2割の人には嫌われるし、2割の人は好きでいてくれるんですよ

それが変わらないんだったら、すのままの方が良くないですか?

しかも

演じた自分を好きになってくれる人と
そのままの自分を好きになってくれる人って

たぶんタイプ違うんですよね

演じた自分を好きになってくれる人って
おそらく自分はあまり好きになれないんじゃないですかね

だって、本当の自分ではない自分を好きになっているってことは
自分じゃない人を好きになって集まっている人なんで

そりゃ、あんまり価値観が合わないとか
この人たちじゃない感じがしちゃうと思うんです

反対に

そのままの自分を好きになってくれた人の方が
絶対居心地がいいだろうし、自分もその人たちが好きだと思えるはずですよね

だって、本当の自分を見て好きになってくれた人なんですから

だから、もし今の周りの人が、自分の好きな人ではないなーとか
なんか気が合わないとか、価値観が違うんだよなーって時は
本当の自分でいられていないのかも知れませんね

で、話を戻すと
どうやっても、結局は2:6:2は変わらないんです

そう思ったら、もうそのままでいた方が楽だし、いいでしょってことですね

とはいえ、そう簡単にそのままの自分でいることはできないかも知れません
でも、少しでもそうなれる考え方として、
これを採用してみてもらえるといいんじゃないかと思います

あ、ちなみに2割の嫌ってくる人は、無視でOKです
どうなっても嫌ってくるので、そのまま、ほうっておきましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2020 All Rights Reserved.