神戸隆弘 オフィシャルサイト

他人と比較して落ち込まないようにするには!?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

他人と比較したくない・・・というのは、例えば

誰かが結婚した、結婚できない自分はだめなんじゃ
同期が成果を出して出世した、自分は成果が出ないのはダメなやつ・・・

とかですよね

そんな他人と比較して落ち込んでしまうってことの
原因と解決法をお伝えしていきます

じゃあ、最初に原因から。

それは

比較したくない=比較自体をしたくないのではなくて

比較して落ち込みたくないってことですよね

なんで比較して落ち込むかっていうと
比較すると、足りていないところに意識が行くからです。

比較することが悪いことではないし
比較して落ち込むこと自体も悪いことではない
多くの人がそうだと思うので安心してください

比較しても自分のことがわかるから、
足りないことがわかって、頑張ることが明確になるんだー
なんで比較して落ち込むんだろう?

なんていう最初からメンタルが強い人が言いそうなことも言いません笑
ほんと優しくないですよね笑 安心してください

話を戻すと、

比較して落ち込んでしまうのは、
他人と比較した時に、足りない部分に目が行くから劣等感を感じて
嫌な気持ち、ネガティブな気持ちになるんです

そりゃ、不足しているところに目が行けば落ち込みます
不足自体が悪いことではないんだーってというところまで思たら
いうことはないですが、そこまでは難しいですよね

なので、向ける視点を変えましょう
結局は、向けている視点の方向が「足りない方」に向いているから
ネガティブになってしまうわけなので、

向いている視点を「違う方」に向けてあげればいいわけです

その例として、一つが自分の足りている部分に視点を向けること

ここで大事な考え方が「物事は二面性ある」です
全ては表裏一体

足りない方があるなら、足りている方もある
他人にも優れているところがあるなら、劣っているところもある
自分も他人もそれは同じなんです

それが個性ですよね

スポーツで考えるとよくわかると思います

陸上の選手で考えてみると

砲丸投げの選手と100mの選手がお互いを見たとき
砲丸投げの選手が、「あんなに早く走れないや・・」って落ち込まないですよね笑
反対に、100m」の選手が「60mも砲丸投げれない自分はだめだなー」なんて思わないですよ笑

僕はサッカーでGKをやっていましたが
FW選手と比べて、いちいち俺にはあんなドリブルはできない・・・なんて落ち込まないわけですよ
FW選手だってGKを見て、あんなスーパーセーブできないってならない

これは個性だし役割があるって捉えやすいですよね
こう思ば、ばからしく感じられますよね

このように、二面性あるんです
自分の悪いところと思っていたところでも、良いところとして活かされることもありますしね
ほんとに表裏一体なんです

で、もう一つが
「全く違うところに視点を向ける」です

スポーツなら、他人自体に目を向けるのではなくて
スポーツ自体に集中するように

仕事で比べたなら、仕事自体に集中する
仕事じゃなくて、趣味に没頭するのもいいでしょう

そうやって、全く違うところに目線を向けるようにすると
他人から視点が離れるので、比較しなくなって劣等感自体を感じなくなります

というように、とにかく別のところに視点を向けて見てください
これは自分で変える必要があります

比較して落ち込んだら、いちいち視点を変えるんです

比較して、自分の足りないところに目が向いているなら
足りている部分か、全く違う部分かに視点を向ける

そうすることで、他人と比較することから
離れることができますからね

そうすれば、劣等感を感じて、嫌な気持ちにならなくて済みますので
ぜひやって見てください

ということで、YouTubeではここまでにします
これだけでも、かなり効果を感じてもらえると思います

が、実はもっと根本的な原因もあるので
そちらはLINE限定でお話ししようと思います

LINEでは限定動画を配信しています!

今回は、そもそも他人と比較しなくなる方法をお伝えしますので

ぜひご登録いただいて、ご覧になっていただけたらと思います(^ ^)

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.