神戸隆弘 オフィシャルサイト

望む人間関係を作るには、人間関係のスタンスを最初に決めるべきである

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

【どういう関係にするか自分で決める】

コミュニケーションとか人間関係で、なんか嫌な感じになってしまたり
なんか楽しめない感じだったり、なんか相手のことを嫌だなーと感じたり

嫌なやつなら、関係を作ることを拒否してもいいんですけど

そうじゃなくて、悪い人じゃないんだけど、なんだか合わないなーとか
仕事だからいい関係作っときたいなーとか

拒否するほどでもない、拒否もできない
という時に、どうしたら自分にとっていい人間関係になっていくのか?

についてお話ししていきます

相手がなんか嫌だなーと感じてしまう時
その時にどうしたらいいか?

最初に結論を言ってしまうと
「受け身になるんではなくて、自分で相手との関係をどうするか決める」
ということです

相手のことを嫌だなーと感じてしまうと、
その後も嫌だと感じてしまうもの

そして、その嫌な感じがするのは相手のせいだと感じてしまいます

もちろん相手が持っている考え方とか、話し方とか、コミュニケーションの取り方が
自分とは合わないとか、自分が好きではないこと原因で
そう感じているかもしれません。

でも、これは自分が相手とどんなスタンスで人間関係を作るか決めることで変えていけるんですね

具体的に話していきますと。。。

人って人間関係を作るスタンスとして
「仕事の関係」か「友達でいる」かとか、はたまた「指導してもらう」のか「指導するのか」とか

相手によって人間関係を作るスタンスって変わりますよね。

で、これをまとめるとだいたい「上下」か「フラット」かで別れると思うんですね

仕事なら、お客様なら「上下」ができがちですし、取引先なら「フラット」の場合もありそうですよね
友達なら、だいたいフラットでしょうし
指導するしないなら、「上下」で関係を作るスタンスでいそうですよね

ここで言えば僕は全てフラットでいるべきだとは思いますが
現実はそうはいきません

だいたい、こういう感じで上下かフラットで関係を作っていきますよね

で、このスタンスは、どちらかが最初から決めていることもあるでしょうし
会話の中で、どちらかが決めることで、「上下」なのか「フラット」なのか決まっていきます

もしここで、自分は「フラット」でいたいのに、
相手が「上下」で作ってきたら違和感を感じたりするわけですね

さらに、これが受け身だと自分は「フラット」の関係にしたいのに
相手は「上下」にしようとするわけなので、相手の「上下」にしようとするエネルギーに引っ張られて

その人とは「上下」の関係になってしまいます

その人が上下の下になってくれるなら、まあまだ気持ちは楽かもしれませんが
フラットな立場でいたいのに、勝手に相手が上で自分が下にされたら、嫌な気持ちしかしないわけです

これを防いで、自分が気持ちがいい関係を作っていくためには
受け身にならずに「自分で関係を作るスタンスを決めて、希望通りの関係になるようにコミュニケーションをとる」
ことが必要です

それをしないと、相手に巻き込まれてしまうってことですね

実は、こないだ僕にもあったんです

完全に受け身になってしまっていました。
いやー完全に気が抜けていました笑

しかも、コミュニケーションの最中には気づかないんですよね・・

仕事で関係のある人に、紹介されて人にあったんですが
その人とは僕はフラットな関係で話ができれば、それでよかったんですが

その時は自分で決めずに、相手に委ねてしまっていたんですね

そしたら、相手はフラットではなくて
僕に対して「教えてあげよう」的なスタンスだったので、
「上下」のスタンスを取ってきたんです

でも、自分は決めておらず受け身なので、
完全に相手の決めていたスタンスに巻き込まれました

結果、全然求めていないのに、「こうしたらいいよ」とか言われて・・笑
気分がよくなかったんですよね。

求めていないのになんか指導されたりすると人っていい気分はしないんで
見ているあなたもそんな経験があるかもしれませんが

その時に気づけばよかったんですが
コミュニケーションの最中にはそれに気づけませんでした

悔しい!!!

でも、だからこそこうやって伝えられているのでいいんですけどね。笑

ちょっと抽象的な話ですが、なんとなくわかりましたかね?

どんな人間関係でも同じことが言えます
上司との関係だって同じですよ

もし上司が、部下は俺のいうことを聞けというスタンスなら
完全に上下ですよね

でも、自分がフラットでいると決めて行動すれば
コミュニケーションもフラットになって人間関係もフラットいきます

上司とフラットの関係って、何もタメ口をきけってことではないですよ

全ていうことを聞く必要もないし、一緒に仕事を作っている感覚でコミュニケーション取っていたら
下からゴマするような態度はしないでしょうし、顔色伺って、下手に出てお伺いたてるなんてことも必要ないよねってことです

これはリスペクトを欠くこととは違くて、
上司だろうがフラット、対等でいることは可能だってことです

この時に、上司だから上下だろうって決めたり、
自分が受け身になってしまっていると、人間関係のスタンスは相手が決めちゃうことになるので
多くの場合が上下になって、フラットにはなりません

友達関係でも同じことが言えます
友達でも上下で関係作ってくる人はいます
だから、そこでフラットでいられるように自分からフラットでいるようにしていく必要があります

そういうことです
このように、相手との関係がどうなっていくかは
自分か相手のスタンスによって決まるということ

そして、
それは受け身になると相手に巻き込まれてしまうから
自分が決めた方がいいということです

なので、もし今の人間関係が居心地よくないなーと思ったら
自分の好みのスタンスにできるよに、自分でスタンスを決めてコミュニケーションに臨んで見てください

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.