神戸隆弘 オフィシャルサイト

コミュ力が高い人の会話の特徴とは

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

じゃあ、そもそもコミュ力高い人ってどんな人のことなの?

たくさん話すことができて、元気で明るくて、いつも笑わせてくれる人
って言われますけど

僕は決してそんなこと思っていません。

僕は、相手に興味を持てて、聞くのが上手な人です。
その上で、適度に自分の話も相手に伝えられる人だと思っています。

もちろん笑わせてくれる人は素晴らしいと思います。
でもそれは、コミュ力高いというより、おもしろい人ですよね。

で、自分の話をバーッとする人ってどう感じますか?
僕はあんまりいい印象を受けないんですよ。
よっぽど役立つ話とか、いま僕が必要な聞きたい話題なら良いんですけど
あんまりそんなことはない。

人って実は、みんな話したいものなんで
中には聞くことが好きな人もいますけどね
(厳密にいうと、自分の話なんて取るに足りないとか自信が無いことが理由のことが多いから、そのひとも本当は話したいことがある場合がある)

人は話したいものなんだと考えたときに
自分の話をいっぱいする人ってどうですか?ちょっとウザくないですか?
もちろん、良いんですよ。
でも、みんなも話したいんだから、その隙間をくれよと、
話す時間くれ寄って思うわけです。

だから、自分のことを話してばかり人は、コミュ力は低いと思うんです
相手のことなんて考えてないんですから
他の人が何か違う話題で話してをしても自分の話にすり替えたりしますからね

そうじゃなくて、相手のことをちゃんと聞ける人
もっと言えば、興味を持っていき聞ける人です

という前提で、
コミュ力が高い人がしている会話の特徴

今日ご紹介するのは、
メンタル面で1つテクニックで1つご紹介します

メンタル面でいえば、
どんなことも受け入れられる否定しない気持ちを持っていること

コミュ力高い人って、往々にして、「この話しちゃって良いんかな?」って気持ちにさせません
それは「この人なら否定されない」と相手が思わせる雰囲気があるからです

「否定しない」ということももちろんですが
「相手を受け入れられる」メンタルでいるからなんです

→「相手を受け入れられる」メンタルとは?
それは、普段から自分を大事にしていて、自分を雑に扱ったりしないし、機嫌良くしてあげられているということです

そうすると自分の心が満たされているので、他人のことを受け入れることができるんです。

では、そうじゃないと、どうなるのか?

普段から、自分を満たしていないとどうなるか?
すると、自分の話をしたくなってしまいます。

なぜか?
人は話を聞いてくれることによって「自己重要感」という「特別感」みたいなことを感じます
なので、普段満たされていない心を自分の話をして満たそうとするのです
うんうんって聞いてくれる他人の姿を見て、満足している

なのでまずは、
普段から自分を大事にしてあげる、自分を優先してあげる、機嫌よく過ごさせてあげる
ことで、心をなるべく満たして、受け入れられるメンタルを作ることです。

次にテクニック

テクニックは、難しい理論なんてありません。
簡単です。

リアクションと笑顔です

やはり、無表情で黙って聞いていたら話すのためらっちゃいますよね
反対に、リアクション取ってくれていたら話しやすいのがわかると思います

なぜかというと、「聞いてくれている」ことを強く印象付けることができるからです。安心に繋がります。

「聞いてくれている」ことがわかると、話している側は「安心した気持ち」で話すことが出来る。

自分の話は無駄ではない、ここで話しても良いんだと思えるんです

リアクションの一つともいえますが、笑顔がめちゃくちゃ大事です

これは赤ちゃんの防衛行動としてインプットされているくらいなんですが
笑顔でいることで、相手はもちろん自分も安心します

また、口角を上げるとホルモンが出ると聞いたことあると思うんですが、それです

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.