神戸隆弘 オフィシャルサイト

マウンティング、見下す人、上から目線への対処法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

マウンティングする人への対処法という話をしていきます

上司ならまだしも、同僚とか友達でもいますよね
ムカついたりイラつくことがあると思います

最近ではSNSの中でもあるみたいですね・・大変。笑

イジリもその一つでもあると思います

いじることで自分が優位に立つことができますからね

 

じゃあ、そもそもなんでマウンティングするのか?

その理由は3つあります。

一つ目、

そういう人は、
そもそも自信が無いのです。

上から目線で、自分が優位であることを感じることで
自信の無さを補っているということ

マウンティングで優位に立つ優越感や

自己顕示欲とか承認欲求を満たすことで、自分の不足感を埋めようとしているのです。

自信が無いから、自分をアピールしたいし、
承認されたいわけです
(自信が無い=自己顕示欲、承認欲求)

そこの人間関係やグループの中であったり、

SNSの中でもそうですよね。

その場において、自分に対して存在意義とか存在価値を感じられていない、

存在価値を自分で認めてあげられていないとも言えます。

 

だから、必死になって自分の価値を感じようとアピールするわけです。

それがマウンティングに繋がっているわけですね。

そして二つ目は、他人を優劣で見ているということ

また、ほかの人を自分と比べて優劣をつけてみているということもそうです
自分が他人より優れているのか、劣っているのか

劣っていることにはなりたくないわけなので、自ら優れている位置にいるために
上から目線でいる必要がある、本人にとっては生存戦略なんでしょうけどね笑

ドーパミンが出ている=快楽を感じて中毒性があるから

あと、脳みそのことを考えるとどうしようもないところがあって
自分が優れているということを感じたり、褒められたりすると
ドーパミンという快楽を感じるものが分泌されています
で、しかもこれが中毒性があるですよねー

だから、止められないわけです

悪い言い方をすれば、サルみたいに反射的にやってしまっているということ

こういった理由でマウンティングをしているんですよね

だから、もしかしたら自分たちのもハマってしまうかもしれないので注意が必要です。

対する簡単な対処法

じゃあ、これに対しての簡単な対処と

こういう人が目の前にいるということは

あなたにとって、根本的に解決すべき課題だと思ってい貰いたいのですが

とはいえ、毎日のことであれば、対処も必要なので合わせてお話しします

まずは、対処法ですが一番はスルーです

気にしないことが一番簡単で、楽で、効果があると思います

とにかく、その人の話を広げない、スルーする、流すんです。

無表情で、ほかの話題に展開するとか

もしできるなら、その人の話題からチョイスしてほかのひとに話を振るとか

その人が話すことから離れて感じですね

これがコントロールできれば、かなり交していけると思います。

 

もう一つは、相手のバックストーリーを考えること

別の動画でも話しましたが、イライラするのは理由があるのか?とか

この人は自信がないんだろうなーとか考えると

ちょっと母性が出てきたりすると思うんですよね「かわいそうに」みたいな

そうなると心ではこちらの方が優位に立っているので笑 気分は悪くないですよね

 

ただこれをやると、結局は自分が優越と劣等のなかに巻き込まれてしまっているので

んー、って感じではありますが、対処としてはOKでしょう

というのも、相手は優劣で見ているのに対して

コチラが「こいつは自信が無くてダメだな」という視点で見てしまうと

これも優劣で見ていることになるので、結局は同じ土俵に上がっちゃうことになります。( ̄д ̄)

だから、微妙な所ではあるということですね。

 

とはいえ、相手を理解することでコチラの気分は落ち着かせることができます

だからまあ対処法としてはOKとしましょうという感じ。

 

じゃあ、根本的にはどうなのか?

これは「攻撃されない、マウンティングされない自分を作る」ということです

マウンティングされるってことは、その相手から「こいつは上からいける」と思われているってことです

自分より凄いと思う人にはマウンティングする人いないと思うんですよね

自信が無いからやるわけですからね

そうすると、マウンティングされる人というのは「自信がない」とも言えます

だから、「自信を持つ」=自己肯定感、自己評価、セルフイメージを上げること

これです

やっぱりこれなんですよねー

マウンティングする隙を与えてしまっているわけなので

 

さらにいうと、自信が無かったりなにかに劣等感を感じていると

他人が少し実績を話したりしただけで、マウンティングされていると感じるということも言えます

劣等感があるとそう感じやすいわけです

自分は周りより劣っていると思っているけど、そう感じたくない

だから、マウンティングに対して敏感で、

すこし自分が劣等感を感じていることについて話されただけで「マウンティングだ」ってなる

相手はただ事実を述べているだけでもですよ。

それは、相手じゃなくて、自分の方に原因があります

例えば、

恋愛に劣等感なら、「最近モテてさー」って話をされたらマウンティングだと思ったり

収入になら「最近、給料上がったとかボーナス良かった」と言われるとマウンティングと感じたり

そういうことです

敏感だなーと感じるなら、他人よりも自分のセルフイメージを上げることを考えた方が良さそうですね

 

だから、僕はほぼマウンティングされることってないと思います

気づいていないだけかもしれませんが

あんまりそういうことは無いですかね

あ、でも、過去に大手企業で働いていたとか言われると

たまに心がざわつくことがあるので、まだ大手企業に劣等感を感じているのかも・・・(´゚д゚`)

ここもセルフイメージの向上が必要!精進します!

 

ということで、あなたもいっしょに、

マウンティングされない自分を作っていきましょう!

 

LINE公式アカウントでは動画をプレゼントしています!

ぜひご登録を(・ω・)ノ

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.