神戸隆弘 オフィシャルサイト

【質問力】嫌がられる質問の仕方と聞き上手な人がやっている聞き方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

聞き方が下手くそというか

相手が質問されて答えにくい、尋問みたいになって楽しくない聞き方にも特徴があります。

2つご紹介します。

1つは、
クローズドクエスチョン
です

専門用語なんですが、要は、
「YESかNOでしか答えられないような質問」をしているということです

例えば

趣味は料理なんですか?
カフェ巡りにハマってるんですか?
好きなドリンクはカフェラテですか?
ラテアート好きなんですか?
ラテアートはやっぱり動物系が好きなんですか?

みたいな感じです。

全部YESかNOでしか答えられない。
これが繰り返されることで、尋問みたいになってしまうんです。

これに加えて、もう一つは、
「なぜ?」とか「なんで?」を多用することです

これを重ねていくと凄く嫌な感じになります笑

例えば、

なんで料理が好きなんですか?
なんで筑前煮が得意なんですか?
え、なんでなんですか?
なんでこのYouTuberが好きなんですか?
なんでなんで?

という感じ。
興味持ってくれているのかもしれないけど、なんか嫌ですよね。

これもまた尋問というか、
子供が大人になんでなんでー?と言ってきている感じ
可愛いんだけど、ちょっとウザいみたいな笑

じゃあ、聞き上手はどんな質問の仕方かというと
3つ挙げていきましょう。

1つ目は、基本です。
それは、オープンクエスチョンです

話を広げられるような質問の仕方。
相手に答えの幅があるんですよね。

例えば、

趣味は何ですか?
料理なんですね。料理の中でも好きな得意なジャンルはあるんですか?
イタリアンですか!素敵ですね。オシャレ!
イタリアンでもいろいろありますけど、得意料理とか良く作るものとかあるんですか?

相手が答えるときに幅がある、余白がある感覚です。

大枠の話題はコチラが提供しているんですが、
具体的な話をどんな話にするかは、相手が決めてくれるような質問の仕方です。

相手が決めているので、相手は話したくない話題を選択しないわけです。
だから、相手が嫌な気持ちになる可能性は限りなく低いですよね。

初対面とかまだ関係が浅いといいですよね。
どこに興味があるかわからない中だとこれがすごく有効。

相手が好きなこと、興味があることを話してくれることになるので
その話をしていけば、楽しくなるに決まっているからです。

で、さらに2つ目は、
ここからは高度なことです。

こうやって質問していく中で、
相手がどこに一番興味があるかを見つけられることです。

いまこの目の前の会話で、何の話をしたいのかなーって感じられると最高です。

僕はサッカーが好きですが、いくらサッカーが好きだからって
いつもその話がしたいわけではないですよね。

例えば、ラグビーワールドカップのときはラグビーの話がしたくて
したくてたまりませんでした。

仕事の話がしたいときもあるでしょう。

話しぶりとかトーンとかで、どの話がしたいのか感じられると
良いんです。

もしかしたら、勝手にいろいろ話してくれるかもしれません。
そうなればもう相手にとっては楽しい時間なので、素晴らしい時間になりますよね。

で、3つ目は
知らないことでもめちゃくちゃ興味持つこと

もしその話題について知らなくても大丈夫!
そこで、その話に興味を持ちましょう!

めちゃくちゃ興味を持って聞いてあげれば、あいては最高に楽しくなります。
だって、自分が好きな話を知らない人が興味持ってくれるわけですから。

そうなると、ほかでは話さないこととか話してくれたりするので、
すごく面白い時間を作れるはずです。

これが聞き上手の特徴です。

クローズドでなんでを繰り返して、興味持てなかったら
盛り上がるはずの会話も盛り上がりません。

なので、盛り下げてしまう聞き方は注意しましょうね!

 

LINE公式アカウントでも発信しています!

動画を3本プレゼントしていますので、ご登録お願いします(^^)/

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.