神戸隆弘 オフィシャルサイト

自分で勝手に幸せになろう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

もし、今の毎日がつまらない、刺激が無い、おもしろくないっていうなら
それを諦めないでほしい

ぜったいにその毎日は変えられるからです

僕自身、もっと良くなれる、もっと幸せに感じられるはずだって考えています

 

今よりももっともっと。

 

確かに、

仕事を変えることや、家庭環境をかえる、実家を離れるなど

物理的に変化を加えることはわかりやすい

 

でも、そうじゃなくても

毎日を変えることは絶対にできます。

 

しかも、誰かに頼る必要なんてなんですよね

自分で変えることができるってこと。

 

ほんとに自分次第なんです。

まじで、自分次第。

 

「目の前の現実は自分で変えられるんだ」

このことをホントに腹に落ちる感じで理解できると

毎日は劇的に変わると思います。

 

目の前の現実や状況は自分で変えられるんだから

自分がコントロールできない他人や周りは関係ないってこと。

 

自分で勝手に安心して良いし

自分で勝手に認めて良いし

自分で勝手に許していいし

自分で勝手に陽気になっていいし

自分で勝手に楽しんで良いし

自分で勝手に大丈夫って思っていいし

自分で勝手にモテるって思っていいし

自分で勝手に俺スゲーって思っていいし・・・

 

周りは関係なく、自分で勝手にそうして良いわけ。

勝手にね笑

 

 

他の誰かに安心させてもらうとか

周りが幸せにしてくれるとかじゃなくて

 

自分で自分の目の前の現実を変えていけるってこと

同じ状況でも、自分の捉え方次第でかわるし、

そのときの自分の姿勢、態度で現実は悪いものから良いものに変えられる

 

起こっている目の前の現実、現象は変わることはない

でも、同じ出来事でも、良いものにも悪いものにもなる

 

だから

例えば・・・

AさんとBさんの目の前に同じ毎日が繰り広げられたとしても

自分で現実を作ることを知っているAさんとそんなことありえないと考えているBさんで

毎日に感じることが変わってくるわけだ

 

Aさんは、嬉しいことがあれば喜んで、そして感謝する

さらに、

嫌なことがあっても、それを良いものに変えられないか考えたり

実際に行動を変えてみたりする

もっというと、それを成長の糧なんだと捉えるかもしれない

 

一方Bさんは、それをしない。

周りの状況次第で自分が幸せかどうか決まるという考えなので、

 

状況が悪ければ、機嫌も悪くなるし、

誰かがいない、何かがないと幸せは感じられないということになる

 

嫌なことがあれば、そのまま機嫌がわるくなって、楽しむことは決してできない。

 

機嫌を取るのは周りの人であり、周りの状況だから。

周りの状況が悪ければ、ダイレクトにその影響を受けて

自分も機嫌が悪くなる。気分が悪くなる。

 

ただ、これって普通ですよね。当たり前。

 

そりゃあ、近くに怒っている人がいたら嫌だし、

態度の悪い店員さんには腹が立つだろうし、

マズい料理を食べたら気分もわるくなる笑

 

だから、こうなっていて悪いというわけではない。

 

でも、Aさんは現実は変えていけるってこと。

料理がマズくても、店員の態度が悪くても

自分の機嫌を悪くしないでいられるってこと。

 

要は、どう捉えるか。どう解釈するか。

なんです。

 

そして、「どう捉えるか」を

じぶんでコントロールできるようになれば

自分で勝手に機嫌よくいられるようになるんです。

 

どんなに最悪な出来事でも

どんなに起こってほしくない出来事でもl

ポジティブに捉えることができるんです。

 

それができれば、毎日が変わって

人生が変わっていきます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.