神戸隆弘 オフィシャルサイト

周りに与えよう!の落とし穴

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

色んなところで良く「人に与えよう」って言われますよね?!

与えたら自分に返ってくるから先に与えよう!って。

 

確かにそれはあると思うんですけど、

その前にもっと大事なことが実はあって。

 

それをこのブログでも書いたことがあると思うんですが、

周りになにか与えたいと、与えようと思ったときに、

「今の自分は満たされているのか?」ということを

一度ちゃんと考えてみてほしいんです。

 

満たされているかどうかっていうのは、

他の国に比べて自分は恵まれているとかそういうことではなくて、

「自分がしたいことが出来ているか?」ということです。

 

例えば、

好きなものを食べているか?

寝たいだけ寝ているか?

トイレ行きたいときに行けてるか?

友達と会いたいときに会えているか?

大好きな趣味の時間を取れているか?

etc・・・・

 

というような、日常的なことです。

特別なことでもありません。

 

もちろん、特別な時間をたくさん過ごすことが出来ていれば

満たされているとは思うんですが、

特に頑張り屋さんの日本人は、こんな些細な日常のことも

ないがしろにしがち。

 

で、

日常にしたいことをないがしろにした結果、

満たされなくて、幸せを感じたくて、満たされる方法を探す・・・

すると、そこには「人に与えましょう」って書いてある・・・

 

行動できる素敵な人は「与えちゃう」。

自分は全然満たされていないのに。

 

満たされてないからこそ、満たされたくて与えちゃう、

結局、満たされてないのに与えるから、そりゃ満たされないですよね。

 

というジレンマにハマっている人、多いんじゃないですかね?

 

だから、最初に自分が満たされていないとダメなんですよ!

あえて「~~じゃないとダメ!」って言いますが。

「与える前に自分で自分満たすことが出来ないとダメ!」

です。

 

ただ自分がしんどくなるだけじゃないんですよね。

周りの人にも良いことが無い。

 

与えて幸せが返ってこなかったら、どうですか?

「こんなに与えたのに!なんでなの!?(; ・`д・´)」

って、プンスカしません?( ̄д ̄)

 

結局、見返りを求めた、それ前提の「与える」になるので、

周りは気を使うし、それならしなくていいよってなるんですよ笑

悲しい・・・(*_*)

 

プレゼントして「見返りちょーだい!」って言われたら、

返す気持ちがあっても「え!( ̄д ̄)」ってなるでしょ笑

そういうこと。

 

それなら、無理に与えなくていい。

まずは自分を満たしてあげて!十分に!

 

周りの人にはその後でオッケーです!

 

まずは、日常のなかで、

自分がしたいことに耳を傾けて、実現させてあげてください!

 

今日はミルフィーユ食べたい!なら、食べてください。

ポテチが食べたいなら、食べさせてあげてください。

シャワーじゃなくて、お風呂につかりたかったら、湯船にお湯をためてください。

いっぱい寝たかったら、なんの理由もいりません、

会社に「明日は遅れて出社します」って申請出してください。

 

自分を満たすってそういうことです。

 

で、ここで一つ注意!!

 

「めんどくさい」という思考に惑わされないこと!

 

「~~したいなー」という心の声に対して

「それ、めんどくさくね?」という思考の声が語り掛けてきます。

 

でも、それは思考の声です。

やりたい!したい!という心の声とは別物です。

 

なので、「めんどくさい!」を乗り越えて、

やりたいことをやらせてあげてください!

 

やらせてあげげられた瞬間・・・

「あーーー良かったーーー!これがしたかったんだよなー(*´ω`)」

ってなりますから!

 

ということで、

LINE公式アカウントの登録お待ちしています!

無料動画プレゼントしています!

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.