神戸隆弘 オフィシャルサイト

60歳も年上の経営者を怒らせてしまった!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!神戸です。

 

最初に、

怒らせたのは、僕ではありません!笑

 

タイトルの通りの相談をもらったので、

それについて書いていきます。

 

どうしたらよかったんでしょう?

 

年上の方とのコミュニケーションが苦手な方もいますよね。

僕はわりと話しやすいタイプですが。

 

じゃあまず、なぜ怒らせてしまったのか?

20代前半の相談してくれた青年は、

60歳も年上の経営者の方と話す機会があったようで。

その会話のなかで、

ビジネスで大事なことを経営者の方が話してくれたようなんですが、

それが、20代の彼の考えとは違っていたそうなんです。

 

そこで

「それは違うと思うんですけど、どうなんですか?」

と聞いたところ、怒らせてしまったということでした。

 

まー素直で良いんですが、笑

そりゃ怒っても仕方ないような聞き方ですよね。

 

でも中には怒らない方もいると思います。

だから、そんなことで起こる相手の問題だって言うこともできます。

 

でも、それでは何も成長は無いので、自分にフォーカスを当ててみましょう。

 

じゃあ、20代前半の彼はどうしたらよかったのか?

もちろん解決策はあります。

 

ここでは、2つに分けて考えてみます。

メンタルとスキルですね。

 

まずは、スキルの部分。

どんな聞き方が良かったか?と考えてみましょう。

彼の聞き方はちょっと雑ですよね。

友達とか、2つ3つ年上の先輩ならOKかもしれませんが、

60歳も年上となるとある程度は丁寧さが求められます。

 

年齢なんて関係ないでしょ!とも言えますが、

仕事の場ですし、ある程度のマナーというか丁寧さは大事にしたいですよね。

年齢なんて関係ない!という価値観は、割と若い世代に多いかもしれませんが、

60歳も年上の相手と考えたら、それが通用しないことは理解しましょう。

 

相手はどう感じるか?を考えることは重要です。

 

スキルで言えば、特別なスキルではありません。

「丁寧に質問する」に尽きます。

必要以上に下から下からいく必要はありませんが、

年上を敬う態度があると良いですよね。

 

ここまでは、簡単なことで、

ある意味で表面的なもの。

 

この問題は、もっと根本的なところにあります。

それは、質問するときの「気持ち・意識」の部分です。

 

僕の言う、メンタルの部分ですね。

 

どういう気持ち・意識で相手に質問しているか?が重要なんです。

 

20代前半の彼と話していて感じたのは、

”対面する人と比べて自分は上か下か”

という視点で見ているということです。

 

その経営者の方に対してだけではなくて、どんな人に対しても。

優劣をつけて人を見ようとしているということですね。

 

根本的にこれがあると、

なかなか相手を尊重するとか、敬う気持ちになれなかったりします。

 

とはいえ、これは学校教育の中でや職場でもそうですが、

相対評価を長らく受けてきた影響が大きいので、そうなっていて当たり前です。

 

なにもおかしなことではありません。

僕も強くこの気持ちがありました。

友達と比べてどうかとか考えていたので、昔は劣等感の塊でした。

だから、優劣で見ている自分を責めることはしなくてOK。

 

で、

 

自分が上か下かの視点で見ていて、さらに自分が上になりたいとなると

相手の良いところはなかなか見えませんよね。

悪いところを見たくなるし、自分より劣っているところを探します。

そこを見つけたら、「俺の方が上だ」となって、

尊重する気持ちは薄れていきますからね。

 

でも、これがフラットに見れる人ならどうでしょう?

 

自分も相手もフラットだと、上も下もありません。

だから、自然と相手の良いところを見れるようになったりします。

 

でも、最初は意識しないと良いところを見ることは難しいので、

「相手の良いところを見ると決める」ことから始めてください。

そうすれば、良いところが見えてきますから。

 

それができると、良いところがみえている状態なので

相手を尊重したり、丁寧に扱ったり、大事にしたりすることができるのです。

 

じゃあ、今回の彼がフラットな状態でいたら、

どんな質問の仕方になったでしょうか?

 

たぶん、丁寧な質問の仕方に変わりますよね!

 

だから、聞き方を変えるというスキルの部分は表面的なのです。

 

”聞き方”は、気持ち・意識から自然に出てきます。

 

気持ち・意識の部分を変えることが

根本的な問題解決になっていくのは、こういうことなんですよね。

 

ということで、

表面的な部分と、根本的な部分の2つ話してきました。

 

この2つとも大事なことではありますが、

根本的なメンタルの部分を変えることで

一気にコミュニケーションは変わります。

 

なので、上手くコミュニケーション取れなかったとき、

メンタルの部分でどんな気持ちで相手と接していたか?を考えてみると良いと思います。

 

ということで今回はこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.