神戸隆弘 オフィシャルサイト

信用を失うときは、一気に失う。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

友達から信用を失うときって、ほんとの些細なことから始まる。

大事な話をしているのに、

表現を濁したまま話してくれない
答えが曖昧
具体的に聞いても答えが返ってこない・・・

そうなると、そこからどんどんと不信な気持ちが広がっていく

ハッキリしてくれないし、
ハッキリ答えられない理由もしっくりこない

そうなると、どんどん信頼が失われる方向に想像が膨らむ。

ネガティブな創造って止まらないから、
もっともっと悪いことが想像されてしまって、

「あいつは変なこと考えてるんじゃないか」
「信用を失う何かをしてるんじゃないか」
「悪いことに手を出しているんじゃないか」

とかってなる。

本当はそうじゃなかったとしても。

なんか政治家みたいやな。笑

もし、信頼を裏切るようなことをしたかもしれない、
信用を失うことなのかもしれない。

でも、そこで正直に話さない方が、
もっともっと信用はなくなってマイナスになる。

信用していた人だったのに、
信用ならん奴にまで転落しちゃうんだよね。

ちょっとしたことを隠したことで。

だから、はっきりした方が良い。

もし、信用を失うようなことをしていたとしても、

ちゃんと正直に話す方が
人間関係を修復できる可能性が圧倒的に高い。

だし、それまでの関係が良ければ、
修復どころか崩れることすら無いと思うんだよね。

だって、友達なんだから。
許してくれるでしょ笑

 

そりゃあ、何回も繰り返したらアウトだけどね( ̄д ̄)

 

1回くらいなら

「本当にごめんなさい。」

で、オッケーだよ。

 

うん。

やっぱり弱い部分を話せる人は強い。
ダメな部分をさらけ出せる人こそ、本当に強い人なんだ。

 

だから、信頼されるんだよね。

 

もしかしたら信用を失うかもしれないことをしてしまった自分を

他人に見せられる強さは、レベル高いけどね。

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.