神戸隆弘 オフィシャルサイト

【コミュ力 鍛える】自分への見方が、他人への見方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

自分で自分のことをどう見ているかで

他人の見方も決まってくるんだよね。

 

反対もしかり。

 

他人の見方が、自分の味方に影響しているんだ。

 

例えば・・・

自分のことをステータス重視で見ていたら、

他人のこともステータスで見てしまう。

 

自分が相手より上か下かみたいな見方で見てしまうみたいな。

 

学生なら、成績が自分より上か下かとか

社会人なら収入とか売り上げが、自分より上か下かとか。

 

そうするとどうなるかというと、

 

自分より上だとビビっちゃうとか、

自分より下だと判断すると、上から目線になる

というような態度になる。

 

あと、付き合う人が自分の基準で同じくらいのレベルの人と

一緒にいることが多くなると思う。

自分基準で上の人とか、下の人とは付き合わない。

 

上下で見ていなかったら、いろんな人が周りにいるはず。

 

でも、これって僕らは、どうしてもそうなってしまいがち。

だって、そういう教育だったから。

 

勉強ができれば褒められたし、できないと怒られた。

スポーツができれば高評価されて、できないと悪い評価をされた。

 

そうすれば、他人のことも上下で見てしまうもの。

あの人は自分より成績が良いのか、スポーツができるんだろか。

 

だから社会人になっても、

収入が高ければ、ちやほやされるし、

外見が悪いと判断されるとちやほやはされない。

 

正社員だとしっかりしていてフリーターだとダメとか。

そんな見方になってしまうんだ。

 

それも、自分のせいにしなくていい。

もはや、日本の教育のせい。笑

 

こんなこと言ってたら、怒られそうだけど、

自分を責めるより、よっぽど良い。

自分を責めることが一番の悪だと思うから。

 

とはいっても、

他人を上下で見ていると自分がツラくなることもある。

 

自分は誰かより優れていないといけないと考えてしまうし、

誰かより劣っていると、ダメだと自分を責めてしまう。

 

相手が優れていると、ビビってしまったり

劣っている相手をさげすんでしまったり・・・

 

目の前の相手によって、自分が変ってしまう。

 

それって結構シンドイ。

 

誰が相手でも、自分は自分だと表現できたら、

すごく楽なんだと思うんだよね。

 

じゃあどうしたら?って言えば、

その見方を変えるしかない。

 

他人への見方からでも、自分に対する見方でも良い。

どちらからでも良いから、見方を変えること。

 

それは、意識を変えることでしか、変えられない。

普通に生きているだけでは、変わらないけど、

意識さえ変えちゃえば、変わる。

 

見方は思考が影響しているから、

思考を変えちゃえば良いんだ。

 

いつも言うけど、日常から。

日ごろの積み重ねで思考・メンタルは変わるもの。

 

思考を変えて、あり方を変えていこう。

 

より詳しい内容はメルマガで。

現在は、無料Web講座を配信しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.