神戸隆弘 オフィシャルサイト

拗ねることでは周りはコントロールできない

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

人間関係の中で、

「あの人が~~してくれないから、協力したくない」

「あいつはわかってくれないから、ムカつく」

「自分は~~したいのに、理解されなくてわかりやすく落ち込む」

「他人に理解してもらえない自分を責めて落ち込む」

 

こんなことってある。

ようは「拗ねる」ってこと。

 

ただ自分で落ち込んでいるってだけではなくて、

自分が落ち込むことで、周りの人が自分が思っているように動いてくれるように

コントロールしようとしてるということなんです。

 

子供はよくやる。

子供は現実的に、筋力も経済力もないし、他人と関わる力・・・がない。

チカラが無いから、拗ねたり、わめいたり、落ち込んだりして

大人をコントロールしようとする。

 

イオンモールで欲しいオモチャを買ってもらえなくて

泣きわめいている子供を見かけるけど、それはそういうこと。

 

「欲しいオモチャを手に入れたい」という願いを

泣きわめくことで、大人の気を引いて買ってもらえるようにコントロールするわけ。

 

「買ってくれないと泣きわめいて、困らせちゃうぞ!」って意味で

泣いて、わめいているわけですね。笑  めんどクサイ。笑

 

子供はチカラが無いから、そういうことをするわけだけど・・・

でも、大人もそれはしちゃいますよね。

 

恋愛とかで、良くあるでしょうか。

 

彼氏が構ってくれないから、落ち込んでみるとか。

友人同士で要望が通らないから、拗ねてみるとか。

仕事で自分が思うように動いてくれないから、機嫌が悪くなる上司とか。

 

このあたりは、すべてこれに当てはまります。

 

でも残念ながら、大人の世界では、

拗ねたり、泣きわめいたところで思うようにはいかない。

 

むしろ、自分が願っていることとから遠ざかってしまうのが現実。

 

恋愛で考えてみましょう。

 

彼氏が構ってくれないからって落ち込んだり、

デート中に機嫌が悪かったりしたら、彼氏はどう思うだろうか?

 

「俺はなんもしてないのに何で機嫌悪いんだ・・・めんどくさい」

ってなる。

 

彼氏が構ってくれようがくれなかろうが、勝手に機嫌がよかったら

彼氏もニコニコしてるだろうと思うし、なにより楽。

 

まだ彼女とか愛する奥さんだったら、良いかもしれない。

 

でも仕事で、友人にそういう人がいたらどうだろうか。

 

なにかプロジェクトを進める中で、

「俺の思っている案とは違うからやらない。もう参加しない。」

って拗ねられたら?

 

だいぶめんどくさい。大人なのに。笑

 

周りの人は、別の案で納得して進めている中で、

その人が納得する案に変更しようってなるだろうか。

 

たぶん、ならない。

 

「なんで拗ねたおとなの相手をしないといけないんだ」

って離れていく可能性が高い。

 

でも、その本人からしたら、それは望んでいない。

本当は、プロジェクトには根本的に賛成しているわけだから

参加し続けたいはず。

 

でも、拗ねるってことをすると、現実はそうはならない。

拗ねて気を引こうとしても、気は引けないんだ。

 

結果として、そこから離れることになる日は近くなってしまう。

 

とはいっても、本人はそこに悪気はない。

そう。機嫌を悪くして気を引こうとすることを意識してやっているわけでは無い。

 

ほとんどが「自然とそうしてしまっている」

でも、自分で目の前のことに対処する自信とか、

相手に自分の気持ちを伝えても大丈夫だと思える自信が無い。

 

(そこを周りの人はわかってあげると良い。)

 

でも、機嫌を悪く「して」、気を引こうとしてるわけだから、

機嫌を悪く「しない」選択だってできるはずだ。

 

もし、機嫌を悪くして気を引こうとしてしまっていると

自分で思うなら、

 

機嫌を悪く「する」んじゃなくて、機嫌を悪く「しない」

選択をしてほしい。

 

そのためには、自信が必要。

自分で自分の機嫌をとるとか、自分で物事に対処するとか、

相手にどう思われるかという不安をのりこえて、自分の意見を言えるという自信が。

 

それは誰でもある。

だから思い出してほしい。

 

じゃあ、自信がある人の行動ってどんなのかっていうと・・・

 

例えば、

 

意見を受け入れてもらえなかったら、

「自分は~~って考えているんだ。だからもっと検討してほしい!」

と冷静に話しをしてみるとか。

 

恋愛なら、

「○○君と会えなくて寂しい。もっと会いたい、構ってもらいたいんだよね」

って正直に素直に言うとか。

 

こんな行動をする。

 

面白いことに、

気を引こうとすると、気は引けない。

でも、

素直に気持ちを伝えると、気を引くことができるんです。

 

拗ねる気持ちはすごくよくわかる。

私も彼女の気を引こうと機嫌を悪くしたりしていました。

でも、素直に「甘えたい」気持ちを伝えることで、

機嫌を悪くすることも無くなったし、彼女もかまってくれるようになったんですよね。

 

大事なのは、

冷静に素直に、気持ちを伝えること。

 

そうすることで、自分の気持ちをわかってもらえて、

本当に自分が思うようなことをしてくれるってことに繋がります。

 

素直になるには勇気がいる。

でも、自信があれば、素直になることができるんです。

 

だからもし、

自分が拗ねているなとか

機嫌を悪く「している」んじゃないかって思ったら、

 

そう考えている自分に気付いてください。

 

拗ねているのは、自分で機嫌を悪く「している」んです。

だから、「している」自分に気付くこと。

そして、「しない」自分にしていくことで、現実が変わっていきます。

 

拗ねて、他人をコントロールすることでは現実は変わりません。

自分で素直になる自信をつけて、現実を変えていきましょう!

 

ということで今回はこのへんで。

メルマガでもコミュニケーションのチカラをつける方法を発信しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.