神戸隆弘 オフィシャルサイト

会話の流れを自分で作る方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

さて今回は、話の流れを作っていく方法について書いていこうと思います。

スキルとかテクニックの話です。

 

会話をしていて、こんなことはありませんか?

「いまの話じゃなくて、違う話したいなー」

「でも、いきなり話を変えるのは不自然だし、どうしよう」

といって、流れに任せるしかないという状況。

 

そんなときに、どうやって自分の話したい話題に持っていくか

その2つの方法について書いていきます。

 

1つは、めちゃくちゃ簡単な方法です。

ぶった切る

です。笑

 

テクニックでも何でもないですが、

会話の流れとか完全に無視してぶった切るってしまうやり方。

 

いきなり

「そういえば!」「そいやさ!」

「あ!いま思い出したんだけど・・・」

と何でも良いので、大きめの声をだして会話をぶった切る。

そして自分が話したい話題に変えてしまうのです。

 

かなり荒いやり方ですが、会話の中で1回使うことは許されます。

何回も繰り返していると、「自分の話だけしたい奴」と思われてしまうから

注意が必要ですけどね。笑

 

でも、どうしてもこのタイミングでこの話したいってことがあれば、

試しにやってみてください。意外とすんなりいけますので。

 

そして、もう一つ。

これはもう少し真面目に。笑

 

自分で会話の流れを作っていく方法です。

これはある程度、相手の答えを予測して流れを考えていく必要があります。

 

いまは△△という話をしている。

自分は○○という話をしたいな、聞きたいなと思っているけど、

すぐに○○の話に行くのは流れが不自然だなーというとき。

 

頭の中で会話の展開を2つ先くらいまで考えておいて、

△△の話と○○の話をつなぐ流れを自分から作っていって

自然と○○の話にするというやり方です。

 

具体的に例えば・・・

いま「仕事」の話をしているけど

「ラーメン」の話をしたいなーと思っているとしましょう。

 

仕事の話から、質問を使って職場の人間関係の話に展開して、

そこから「職場の人とは食事に行くのか?」みたいな質問で食事の話に持っていき

そこから、「私も職場の人と軽くラーメン食べに行くのハマってるんです」

とラーメンの話に持っていく。

 

そうすれば、自然と話を持っていくことができます。

 

ここでもしかしたら、難しく感じるかもしれないポイントが。

 

それは、「仕事の話」と「ラーメンの話」を自分の頭のなかで繋げられるか

というところです。

 

そこを繋げられないと、

その間をつなげる話題とか質問が見つからないということになってしまいます。

 

ここは訓練が必要。

 

慣れてくると会話の流れが、読めるようになります。

「この質問したら、こういう答えが返ってくるだろうな」

「じゃあ、次にこの質問して話を~~に変えよう」

という感じ。

 

頭の中で考えながら会話するのって難しい!と感じるかもしれません。

確かに、私も最初は簡単ではありませんでした。

 

でも、スキルはメンタルと違って、

練習して慣れてくると、割とできるようになるのは早いです。

 

なので、難しいとあきらめてしまうのではなくて

一度やってみていください!

 

ということで今回はこのへんで。

 

メルマガもやっています!

無料Web講座を公開しているので、良かったらどうぞ!

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.