神戸隆弘 オフィシャルサイト

相手に興味を持ちたくても持ていないときは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

========================

さて今回まずはコチラをご覧ください!

 

 

 

4月から、新しいプログラムを開始しました!

興味がある方は案内をご覧ください!

========================

では記事本題に入っていきます。

先日コミュ力を上げるために必要なことについて、

まとめた記事の中でも紹介しましたが、

まずは相手に興味を持つということは、とても大事なポイントで

いい関係を作る上で起点になります。

「コミュ力を上げる!日常からできるコミュ力の鍛え方」

https://takahiro-kanbe.online/hp/archives/495

 

ただ、人間というのは基本的に自分のことしか興味がありません。

もともとあまり他人に興味が無いのが人間なんですよね。笑

 

なので、興味を持てないことはしょうがないことではありますが、

それでは、良いコミュニケーションには繋がりません。

 

とはいえ、

「そんなこと言われても興味が湧いてこない!」

ってこともあると思います。

そこで、

どうやったら相手に興味を持つことができるのか?

について書いていきます。

自分を起点にして考える

あなたは自分自身に興味を持っていますか?

先ほど「人間は自分にしか興味がない」と言いましたが、

最近は自分に対しても興味が薄れている方もいらっしゃると思います。

そんな方は、まずは自分に興味を示してほしいと思います。

 

自分を起点にすると相手に興味を持ちやすくなるからです。

自分と相手の”違い”と”共通点”

自分の興味があることや趣味がありますよね。

それを起点にして、相手との違いや共通点を探そうとすることで、

自然と相手に興味をもつことができます。

 

例えば、私はサッカーがすごく好きなので、

それを起点に相手に興味を持とうとすると、頭の中はこんな感じです。

「自分はサッカーが好きやけど・・・

目の前の○○さんはサッカーが好きなのかな?

それとも、ほかのスポーツが好きなのかな?○○さんはどうなんだろう?」

 

自分と同じ趣味なのか?それとも違う趣味を持っているのか?

という具合に

”共通点”と”違い”を探していくのです。

 

するとそこから、さらに話題は広がります。

同じサッカーが好きなら・・・

「どこのチームが好きか?選手は誰が好きか?」

という話題になっていきますし、

 

違うスポーツが好きなら、

「何が好きか?そのスポーツのどんなところが好きか?」とか

知らないことを知ろうとすれば、いろいろと話題が出てきますし、

相手のことも知ることができます。

 

そうすると、

「そうなんだ!野球ってそんな魅力があるんだー」

とか

「サッカーをそんなこと考えてみてるんだ!やっぱ経験者は違うなー」

とか感じることもでてきますし、発見もあります。

 

このように、

自分の趣味や興味関心を起点にする

相手のことに興味を持つことが出来ると思います。

 

 

何も考えずに意識するだけで興味持つことが出来れば、

それに越したことは無いので全然オッケーです。

 

でも、意識しても興味持てないよーって方は

参考にしてみてください(^^)

 

自分の興味関心がわからない方は、

まずは自分のことを棚卸ししてみると良いと思います!

 

自分の日常を振り返って、何に時間を使っているかとか、

ネットではどんなサイトを見ているかとか、どんな人と一緒にいることが多いかとか・・・

自分を知る要素はいっぱいあるので、ノートに書きだしてみることをオススメします!

 

ということで今回はこのあたりで。

 

自分の興味関心をもっと深く知り、

自分のやりたいことを明確にして、そこに突き進むことができる

私のプログラムのご案内はコチラ

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.