神戸隆弘 オフィシャルサイト

相手のことを決めつけて見てしまうと・・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

さて今回は、コミュニケーションのスキルに関して。

 

こないだ、コミュ力を上げる方法をまとめた記事の中でも触れましたが、

相手に対して興味を持つことが最初に大事なポイントです。

特に相手が関心を持っていることに対して。

 

で、意識の方向が自分から相手に向かってくると、

今度は相手がどんな人なのかということに関心が向きます。

 

これはすごく良い傾向です。

相手のことをしろうとしているわけなので、めちゃくちゃ良い感じです。

 

ただ、相手を知る方向が少しずれていしまうと少しもったいないかなーと思うことがあります。

 

コミュニケーションとか会話をするうえで、

相手のことをタイプ分けしていきましょうって考え方がありますよね。

 

世の中には4つのタイプの人間がいますよーとか

動物占いで○○だから、~~ですよねとか

血液型で、性格を判断したりとか

 

相手のことを知る上で、ある程度把握するうえでは

役立つツールだとは思いますが・・・

 

相手のことを会話を通じて知ろうとしないで、

その情報だけで判断するってことになりかねないなと思います。

 

なんで、そこを懸念しているかというと、

なんか相手のことを決めつけてしまう感じがするんですよね。

 

私も、

「A型だからあなたの性格は~~でしょ!」

って言われるのがあまり好きでは無いんです。笑

 

なんか決めつけないでくれよって思うし、

もっとちゃんと私を見て判断してって思います。

 

最初から、性格とかを決めつけてしまうと

会話って楽しくなくなると思うんですよね。

 

決めつけてしまうと、相手をコントロールする方向にもいきかねませんし。

 

そういう見方をしていると、決めつけている感じは相手にも伝わるので、

見られている側は良い気分はしません。

 

意識が自分から相手に向かうことは素晴らしいし、

相手のことを知ろうとすることはすごく良いことです。

 

でも、それが相手のことを決めつける方向は少しずれてしまうかなと。

 

性格判断とか、動物占いとかいろいろと人のタイプを分けるツールは

あると思うんですけど使い方次第だと思います。

 

コミュニケーションに上手く使ってもらいたいなと思います。

 

ということで今回はこの辺で。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.