神戸隆弘 オフィシャルサイト

【恋愛】好きな女性と良い関係を築くには!?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!神戸です。

今回は、恋愛について書いていこうと思います。

 

では本題です。男性の恋愛について語っていきます。

 

 

好意を寄せている女性と仲良くなりたいと思っているけど、

空回りしている・・・という男性がいました。

 

先日、その男性も女性を含めて、

複数人で食事に行く機会があったんです。

 

そのときに、私が感じたのは、

その女性は男性のことに対して、良い感情を持っていないようでした。

ハッキリ言うと、嫌がっていたんですよね( ̄д ̄)

 

でも、男性本人は気づいていないんです、そのことに。

むしろ、好意を持ってくれていると勘違いしているんじゃないかとさえ感じました。

 

それがダメだぞ!とか、悪いことだ!とかってことではありません。

実際にそうだったという事実。

(実際に良い勘違いをすることは良いことではあります。)

 

でもこの場合、女性が嫌がってしまっているので、

あまり良いことではないですよね。ということ。

 

じゃあ、そもそもなぜそうなってしまうのか。

そこがわかれば、もっと良くなっていけます。

 

今回はダメだったかもしれないけど、

男性にとって本当に出会うべきパートナーと出会うときに

良い感じになっていればいいわけですし。

 

嫌がられてしまった原因は、2つ。

 

1、相手のことを主体的に知ろうとすること

2、男として自信を持つこと。

 

です。

 

では、1についてです。

 

みんなで食事をしているときに、

その男性は、女性のことを知ろうとする感じがありませんでした。

 

出会ってまだ2回目みたいなので、まだまだ聞けることはたくさんあるし、

知りたいと思っていれば、質問もたくさん出てくると思います。

 

その場で質問をして、会話のきっかけを作っていたのは、

もう一人の男性と私でした。

 

会話に自分から入ってこようという感じもあまりなく

話を振られたら会話に入る感じ。

 

全然悪いことでは無いんですけど、

もっと自分から主体的に入っていくことは大事なこと。

 

そうすれば、相手のことも知れるし、

自分のことももっと知ってもらえますからね。

 

さらにいえば、そうすると女性側も、

興味を持って質問をしてくれるようになります。

 

なので、会話としても盛り上がるんです。

「知ろうとしている」ということが伝わるからです。

 

そして、何よりも大事な2について。

 

恋愛において、この部分が一番のキーポイントだと思います。

男としての自信。

 

1で書いた、相手のことを知ろうとするとか、

主体的に会話に入るとかをしていなくても、

この自信があると、魅力が勝手に伝わります。

まじで。

 

私も「めっちゃカッコいいな!」って感じる男性を見かけたりしますが、

一瞬で魅力が伝わってくるんですよね!

 

自信って非言語の部分でかなり伝わってきます。

 

自分から話そうが、話さなかろうが、

内側に持っているものは伝わるんですよね。

 

「出会った女性はみんな自分のことを好きになると思っている」

くらいの気持ちでいられたら、魅力的に見えそうじゃないですか?

 

そう思えたら、女性に自信が伝わらないわけないですよね。

そういうことです。

 

ということで、

好きな女性と良い関係を作るには?について書いてきました。

 

この2つを押さえることができれば、

モテること間違いなし!

素敵な恋愛が始まる予感しかないですよね(^^)

 

今回は、なんだか特定の人のダメな部分を見つけるような感じになってしまいましたが

そういうことを言いたのでは、決してありません。

(その男性は人としても良い方ですし)

 

「こうしたらもっと良くなっていけますよ」

という感じで書いていると捉えてくれたらと思います。

 

ということで今回はこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.