神戸隆弘 オフィシャルサイト

「どっちが上か」権力争い的な視点から解放される方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

普段の僕たちは、いろいろな人間関係の中で生きていますよね。

友人や会社の人、パートナーや家族。

 

めっちゃたくさんの人間関係があります。

 

その中で、「どっちが上か」という

権力争い的な思想で相手との関係を見てしまいがちなことも

ありませんか?

 

友人でも、意見を発現するがわと、それに従う側とか

いじる側、いじられる側とか・・・

 

あとは、会社だとどうしても”上司と部下”というくらいなんで

どうしても上下関係はあるし。

 

あとは、コンサルタントとクライアントとか、

トレーナーとクライアント、士業の先生とお客さんとか。

 

家族の中でも、パートナー同士ではどうかとか。

 

いろんな関係があるんですけど、

その中でも「どっちが上か」ということを考えてしまいがちだと思います。

 

どっちが能力が高いのか、収入が高いのか、モテるのか、

良い家に住んでいるのか、オシャレなのか・・・

 

色々と比較して、どっちが上なのかという

いわゆるマウンティングをしようとする。

 

でも本当は、どっちが上かと関係なく対等に話せる関係が

すごく良い関係だと思っているので、

僕はいつもそれを意識しています。

 

もしくは、「どっちが上か?」ということを考えて人間関係を作りたくない

人を見たくない人は、そもそも「どっちが上か?」みたいな見方をしないと思います。

 

それでも、人間は時として、

その「どっちが上か?」視点が、顔を覗かせます。

 

どんな人でもです。

 

実は僕もこういう視点はもともとあったので、

意識していれば出てくることは無いんですが、

相手の態度とか出来事によって引き出されてしまうことがあります。

 

先日まさにそんなことがありました。

 

なかなかこの年齢になると無いですが、

まあまあな説教をされることがあったんですよ。笑

 

ここ最近の記事を読んでいただいている方はわかるかもしれません笑

 

説教(指摘を受ける)をされているときは、

「専門家の言っていることだからちゃんと聞こう!」という姿勢で

イラつくこともなく、凹むこともなく淡々と聞いていました。

 

最初は。笑

 

で、指摘したいことが理解できたので、

僕としては

「じゃあそれを踏まえてどうしましょうか」

という話に移ろうとしました。

 

でも、相手はその説教を辞めなかったんでよね。

さらに続けたんです。

僕は「まー言いたいことが他にもあるんだろう」と

聞いていたんですが、あんまり内容は変わらず・・・

 

結局、最終的には

僕が「なんかすんません・・・」みたいに少ししゅんとなったところで

その説教は終わりました。

僕がしゅんとなるところが見たかったんです。相手の人は。

 

これを見ると、相手の人が「どっちが上か?」という視点で見ていることはわかりますよね。

わかりやすい。

 

で、この後です。

僕にも「どっちが上か?」視点が出てきてしまったんですよ。

 

相手が「どっちが上か?」視点でずーっとこっちに負のエネルギーを送るもんだから、

それによって僕の中でも引き出されてしまったんです。

 

次の日も、なんだか言い負かされた感じが残って

嫌な気分だったんですよね。

すっきりしなくて、もやもやして、

なんか納得できねーなーみたいに

何回も前日の説教のことを考えてしまいました。

 

 

これは「どっちが上か?」視点が引き出されてしまった上に、

「自分が上だ」ということを説教されているときに示せなくて

悔しい、相手がムカつくという思いが原因だったんです。

 

こうやって、自分では対等に、「どっちが上か?」視点で人を見ないと

意識をしているにもかかわらず、

相手の態度とか、相手のこころの状態が悪かったりすると引き出されてしまうことがあるんです。

 

こういった原因がわかると、

相手の問題で自分の問題ではないと分けて考えることができるし、

相手に引き出されているなーと気づいたら別のところにフォーカスして

「どっちが上か?」視点から自分の意識をそらすこともできます。

 

なので、

なんか自分の気分が晴れないなーと感じたときは

相手によって引き出されていることがあるので、

そういう考え方を持ってみるのも良いかと思います。

 

ということで、少し難しい話になってしまいましたが

今回はこの辺で。

 

より具体的なコミュニケーションや人間関係の向上する方法はメルマガで。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.