神戸隆弘 オフィシャルサイト

「他人に指摘されて凹みやすい」を「凹まない」に変える

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

今回は、他人の目が気になるとか、他人の評価が気になる、

だから、他人に指摘された時にすぐに余分に凹んでしまって次の行動ができない・・・

 

というようなことについて書いていこうと思います。

 

他人に何か言われてすぐに凹んでしまう。

ミスして凹みやすい。

 

指導者とかにアドバイスをもらいたいけど

悪い評価受けるんじゃないかと怖い。

 

という人は、かなり参考になると思います。

 

 

というのも、昨日まさにそんな場面が私自身にあったので。笑

 

今日から3月ということで、

今年もこの時期になりましたね!

 

花粉症!では無くて、

確定申告です。

 

以前までは自分で領収書をまとめて

あとは税理士さんに任せるってことをしていたんですが、

 

今回は領収書をまとめるところからやってくれるってことで

お任せしていました。

 

もう1月末にはお願いしていたので、

「今年は楽だなー」なんて思っていたんですが・・・

 

昨日、税理士さんからお呼び出し。笑

いやー久しぶりに、いろいろとお説教をいただきましたよ笑

 

いろいろ言われたんですけど要は、

 

「申告を何だと思ってるんですか!(; ・`д・´)」

「人生にめっちゃ影響あるんですから、もっと真剣に考えてください!(; ・`д・´)」

 

みたいな。

 

そんなこと言われても、税に関してとか深刻に関して知識もないから

なんでそんなこと言われるかわからないし・・・

そんなイライラされても、別に悪気なんてないから、

私はあっけらかんとしていたら、へらへらしてるように見えたんでしょうね笑

 

余計に言葉強くなったんで、

まーそこで私も真剣に聞いたわけです。

 

知識が違うから意識も税理士さんとは全然違うわけで、

そのあたりはわかってほしいなーと思いつつ、

ヒートアップしてるからなーとか考えていたんですけど。

 

ここで、どういう話がしたいかというと。

 

他人からの評価とか、他人からの指摘に対して、

どう感じるか?ということです。

 

こうやって、

専門家や指導者、コンサルタント、先生などに

指摘をもらう、指導をもらう場面でです。

 

「君はここが出来ていないんだよ。だからダメなんだ。改善しよう」

と言われた時にどう感じるのか?

 

そして、数日間凹んでいないですか?

凹んでしまって次の行動ができないことはないですか?

 

今回の話しでいうと、

 

私は税理士さんに、

 

「神戸さんこんな申告ではダメですよ!

あなたもう30歳超えてるんですから!ちゃんとしましょう。

今後のビジネスはどうしてくんですか?大丈夫ですか?!(; ・`д・´)」

 

と言われたわけですよ。

 

こんなとき、あなたならどう感じそうですか?

 

その時私は

 

「あー、税理士にはそう見えるから税理士という立場で話してるんだな。」

「申告がちゃんとしていないことと、自分の価値は関係ない。

申告が上手じゃないからって自分を責めたり、自分の価値を下げるような態度でいる必要ないよなー」

 

とか

 

「税理士の考えだとこうなんだ。自分は自分の未来を信じてるから大丈夫なんだけどなー」

「あなたにはそう見えても、自分にはそう見えていないんだよなー」

「税理士の評価と、自分の評価は別だし」

 

とか

 

未来を不安にさせるようなことを言ってきたときに、

 

言葉悪いですけど・・

「こっちはワクワクしてやってんのに、未来を不安にさせること言うんじゃねー!」

「ていうか、この人なにを言ってるかなー。わかってねーなー(-.-)」

とか笑

 

こう思っていたんですよね。

以前の自分だったら、ここでめちゃくちゃ凹んでいたんだと思います。

 

「あー、申告すらもちゃんとできない俺はダメな男だ」

「他人の評価を気にしないとなー。すみません・・・」

とヘコヘコしていたと思います。

 

でも、そうはならなかった。

 

じゃあ何が以前と変わったのかというと。

 

以前は自分の価値をこう考えていました。

 

自分の価値=能力が高いことで得られる他人からの評価

と。

 

 

例えばわかりやすいのは、

勉強ができたら他人から高評価される=自分の価値が高い

とか

サッカーが上手くて他人から評価されたら、自分の価値が高い

という風に考えていたということです。

 

そうなると、なかなか人生が苦しくなる。

 

勉強ができないと自分の価値が無いと感じてしまうわけなので、

自分を責めたり、自分には価値が無いと凹むでしょう。

 

サッカーが上手くなれなかったら、

他人には悪く評価されて、自分は価値が無いと凹むでしょう。

 

今回の話でいうと、

 

申告のことをちゃんと知っていて、申告をしっかりできて、

税理士さんに何かを言われないビジネス計画を立てていて、

お金のこともめっちゃ知識が無いから、

自分はダメなんだ。価値が無いんだと凹んでいたと思います。

 

でもいまは、そういう反応にはならなかった。

 

なぜか。

 

自分の価値は、能力とか他人からの評価とか関係ない

何もなくても最初から価値はある

 

と思えているからです。

 

存在としての自分の価値を信じられるようになったんですよね。

 

だから、指摘されたことはわかったので、

「そしたら、どうしていけば良いですかね?」

と、次にすべきことに眼を見けることができたんです。

 

それでも税理士さんは、私が凹んでいないことで、

「こいつまだわかってない」と思ったのか、さらに責めるようなことを言ってきましたけどね笑

 

とはいえ、こうやって他人の評価とか指摘に凹むことなく、

次の行動、ステップに移行してけるって人生においてすごく重要なんです。

 

そうなると、何かにつけて楽だし得だし、良いことばっかり!

 

日常だと、上司の指摘に凹んだりしなくていいし、

単純にミスしても必要以上に凹むこともない。

だからさらなる指導を求めることが出来るから、成長する。

 

スポーツの練習をしていても、凹むことはないから、

すぐに次の練習に移れて成長し、ライバルからリードできる。

 

自分のやりたいことが見つかったときに、

○○さんに~~した方が良いって指摘されたから

両親にやめろって叱られたからといって、自分のやりたいことを曲げる必要もない。

 

税理士さんに指摘されたからと言って、

自分の価値や自分の未来、自分の最高の未来を疑う必要もないし、

信じ続けることができるんですよね。

 

自分が思い描いている最高の未来を諦めるなんてこともないわけですよ。

 

この差ってめちゃくちゃデカいんですよね。

これができたら、それこそ上司とか指導者の評価は得られるでしょうし、

なによりも自分が圧倒的に成長できるんですよ。

 

現に、指導者の人にありのままフィードバックすることが苦手って人は

めちゃくちゃ多いです。

 

素直にそのままフィードバックすることで

上司とか指導者から的確なアドバイスがもらえるからこそ成長できるんですが、

それができない。

 

上司や指導者の評価が気になってできない。

「こんなこともできないのか!」の一言が怖くてできない・・・

 

これは本当に多いです。

もちろん指導者側がもっと良くなる必要もありますけど、

他人はコントロールできないですからね。

 

まずは自分を変えていきましょう。

そうすれば、まじで日常が変わると思います。

 

なので、

 

自分の価値=能力が高いことで得られる他人からの評価

ととらえるのではなくて、

 

自分の価値は、能力とか他人からの評価とか関係ない

なにもなくても最初から価値はある

 

と捉えることです。

 

他人に何か言われてすぐに凹んでしまう。

ミスして凹みやすい。

 

指導者とかにアドバイスをもらいたいけど

悪い評価受けるんじゃないかと怖い。

 

という人はぜひ、参考にしてください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2019 All Rights Reserved.