神戸隆弘 オフィシャルサイト

初対面でも会話を楽しむために最初にすると良いこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!神戸です。

 

初対面とか、まだ出会って間もない相手と

上手く話せないという悩みは多いんですね。

 

私もそうでしたし。

 

でも、多くの方が、

周りのどんな人に対しても、話すことが苦手かというと、

そうではないはずです。

 

 

家族とか、昔からの友人とかなら、

緊張したり、どうやって話そうかなーなんて考えないと思います。

 

 

その、緊張しない相手と同じように、

初対面とか関係が浅い人とも話ができたら、

それだけも、人付き合いとか人間関係がラクになると思います。

 

 

そのうえで、会話術というようなスキルとかテクニックが加わると、

さらに高いレベルのコミュニケーションになるし、

仕事の成果とか、恋人ができるとか、そういうことが起こりやすくなってくる。

(特別なスキルがなくても、もちろん成果とか結果に変化は出てきたりします)

 

そして、

人間関係とか、他人との距離感とかを

自分で選んでいくことができるようになっていくと思います。

 

 

なので、

 

人見知り、引っ込み思案とか話し下手だと思っていて、

初対面の方との会話が苦手なのであれば、

 

まずは、家族とか昔からの友人のように、

初対面の方と話せるようになることが最初の段階だと思います。

 

そうなるには、どうしたらいいのかってことが

気になると思います。

 

難しいだろうなーと考えているかもしれませんが、

やることはシンプルです。

 

「自分で自分の価値を認めてあげること」

 

もっと具体的に言うと

 

「自分は会話が苦手だから、30点だと思うのではなくて、

会話が苦手でも100点だ。

他人にどう思われるとか関係ない。100点だから。」

 

というメンタル状態にすることができれば、

初対面でも家族と話すように会話ができるようになるでしょう。

 

自分を30点だと思っていると、

残りの足りない70点を、会話術とかテクニックで埋めようとしてしまいます。

 

それをすると、結局メンタル状態は変わっていないので、

表向きは上手く話せるかもしれませんが、

 

心の中は緊張していたり、自分を100点に見せなきゃとなって、

コミュニケーションの楽しむことは、できません。

 

これでは、いつも緊張感があって、

楽しく関係を作ることができませんし、

いつもほんとうの自分がバレたら嫌だなと思いに苦しんでしまいます。

 

そうならないためにも、

最初にやるべきは、自分を100点と思えるようにすること。

 

でも、すぐには難しいので練習、トレーニングが必要です。

 

それも徐々にでOKです。

 

フルマラソンを完走するために、ゼロから練習するときに、

いきなり10キロとか、走らないですよね笑

 

むしろ、走れない。

 

しかも、相当しんどいから、次の日から練習を辞めちゃうと思います。

私ならたぶんそうなります笑

 

これと同じで、少しづつで良いんです。

最初は1キロでも良いくらい。

全く走ってなかったら、これくらいで最初は十分です。

 

それくらい、ベイビーステップでOKなので、

自分を100点にしていきましょう!

 

 

そのためには、

 

日常から30点だと思っていることに気付いたら、

「いや、自分は100点なんだ」と切り替えたり、

 

初対面の方と話すときには、

相手が家族だと思って話してみてください。

 

そうすれば、少しでも本来のじぶんのままで

話すことが出来るようになってくると思います。

 

なので、ぜひ日常で実践してみてくださいね!

 

 

それでは今回はこれで。

より詳しい内容はメルマガで。

現在、登録いただいた方には、動画を4本プレゼントしています!!

神戸隆弘オフィシャルメルマガ

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2018 All Rights Reserved.