神戸隆弘 オフィシャルサイト

グループの会話にすんなり入る2つのポイント

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!神戸です。

 

今日は、複数人でのコミュニケーションについて。

 

私は、1対1だろうが複数人だろうが、

コミュニケーションの取り方とか、話し方は同じだと思っています。

 

 

基礎があって、それを応用していくだけ。

この感覚がわかるようになると、いろいろな場面でもできるようになります。

 

応用と聞くと、苦手意識がある方もいるかもしれませんが、

大丈夫です。

 

私も、昔から勉強の応用問題とか、

実力テストは苦手なタイプでしたから。笑

 

コミュニケーションとかって、頭で考えることもありますが、

学んだことを普段から実践するだけでも、全然身に着けられるので、

難しく考えることはありません。

 

 

では、その複数人のコミュニケーションです。

 

複数人で会話している中に入っていくには!?

 

ということについて、書いていきますね。

 

最初からそのグループでいる中で、会話をすることになれば、

難しくないけど、すでに会話をしている、なんなら盛り上がっている中に

入っていくのは、難しく感じることも多いですよね。

 

私も、「あー、これはやめておこう」となることが多かったです。

 

集まることを約束していて、遅れて参加するというような状況ならまだしも、

そうでなければ、わざわざそこに入って話そうとはしませんでした。

 

まあ、盛り上がって会話している中に入り込むのは、

なかなかハードル高いですよね。

 

水を差すんじゃないかとか、

こいつは誰!?と思われるんじゃないかとか。

 

でも実は、そんなにそこは重要じゃありません。

 

グループで盛り上がっていたら、

よっぽどタイミングが悪かったり、態度が悪ければ、

そう思われるかもしれませんが、

 

このブログを見ている方はそうでは無いと思うので、ご心配なく。

 

とはいえ、タイミングは大事な要素ではあります。

 

 

では、具体的にどうしていくのか・・・

 

最初に、グループの輪に入るのは、

先ほど書いてたように、そこまで気にする必要はなくて、

 

知っている人がいれば知っている人の隣とか、

入れるスペース(物理的な)があるところに、

スッと忍者のように入っちゃえばOKです。

 

そこからが重要。

 

入ったら、どうすれば良いのか

具体的に2つポイントに分けてお話しします。

 

 

1、同じタイミングで相槌を打つ

 

まずは、その時の話題に相槌を打つだけでOKです。

誰かが話していることに、

「うんうん」とか「へー」とか「そうなんだー」とか簡単で良いので、

頷いて相槌を打つことをしてください。

 

この時に大事なポイントとして、

周りに合わせるということです。

 

周りに同調するのです。

相槌とかうなづきのタイミングを周りと同じようなタイミングでする。

 

そうすれば、それだけでその中に溶け込むことができます。

もう自然と、最初からいたような感じになることができます。

 

実際に私もそれをしますが、

「なんか、前からいたような感じがする」

とよく言われます笑

 

それくらい馴染めます。

 

で、その後は本格的に会話の中に入っていって、

自分も話したりしていくのですが、

 

ここでタイミングが重要になるのです。

 

先ほどの相槌のタイミングも大事ですが、

この話に入っていくタイミングが重要。

 

とはいえ、やることは簡単。

 

2、少しでも間が空いたら話す

 

これをしましょう。

間が空くときというのは、そのとき主役で話している人とか

周りの人の話がひと段落したタイミングでもあるので、

 

そこに入っていけば、話の腰を折ることにもなりませんし、

さらにその話題で盛り上がるきっかけになることになって、

良いタイミングなのです。

 

間が空いたときはみんな

「誰が話すんだろう」

と待っていることも多いですからね。

 

そのタイミングを逃さず入っていくと良いです。

 

話す内容としては、

これまでの話に共感したり、共通することを探して

自分の話をすると良いと思います。

 

例えば・・・

「先週、彼女の誕生日のお祝いで食事に行ってきたんだ」

 

という話があって他の人も話して、間ができたら、

 

「僕も最近、母親の誕生日だったから、家族で食事に行ったんだけど、

○○ってレストランが最高だったんだ」

 

という話をすると、

 

それまでの話題に共感したり共通点がありつつ、

今度は食事とか、美味しいお店とかの話題に移っていける

話題の転換にもなるので、

 

グループの会話としては、また盛り上がるので、

すごく良いんですよね。

 

ここまでできれば、もうあなたは最初からそのグループにいた人と

同じくらい馴染んでいることは間違いありません!

 

 

もし、グループの会話に入ることに抵抗があるのであれば

ぜひ、これをやってみてください!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2018 All Rights Reserved.