神戸隆弘 オフィシャルサイト

出川哲朗さんから学ぶことはいっぱいある

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、神戸です。

 

今日は初対面の会話について。

 

初対面の人との会話がイマイチ盛り上がらない。

相手の人が話しにくそうにしている。

 

ということってあるんじゃないかなーと思います。

 

相手が怪訝そうな顔をしているとか、

こちらのことを気を使っているような感じの表情をしている

ことってありませんか?

 

私はありました。

 

話しにくそうにしていたり、

コチラが黙ってしまうので、気を使わせてしまったり。

 

初対面の方だと特にそうなってしまう。

 

盛り上がるようにしたいと思っているけど、

なかなか上手いことできないなーと悩んでいたんですよね。

 

人見知りの方とか、話し下手の方だと

これは、そんなに珍しいことでは無いと思うんです。

 

 

会話のとっかかりで、使えるスキルとか、

テッパンの話題とかもあります。

(このあたりはyoutubeでお話ししています。)

 

でも、今回はその後のことです。

 

最初の会話は始められるけど、そのあとが続かないとか、

自分が原因で会話のテンポを狂わせているような感じになる

ということですね。

 

 

この会話のテンポって結構大事で、

こちらもyoutubeの動画でお伝えしているんですが、

相槌の大事さをお話ししました。

 

 

これと併せて大事なのが「リアクション」です。

 

これがあるか無いかで、

会話のテンポも変わりますし、相手が気持ち良く話してくれるか

ということが大きく変わってきます。

 

 

極端ですが、このリアクションをするだけで、

こちらが何も質問とか話題提供をしなくても、

永遠に話してくれることもあります。

 

 

これは本当です。笑

 

 

私は何度も経験がありますから。

気付いたら私はほとんど話さずに、相手の方が

ずーーっと話しているパターンです。

 

 

食事に行ったり、カフェでお話ししていた別れ際に、

 

「なんか自分のことばっかり話してしまいました(^_^;)

今度は神戸さんのお話を聞かせてください」

 

と相手の方に言われることは、かなり多いです。

 

これで、相手の方は楽しんだ証拠ですし、

次に会う約束も簡単にできますよね。

 

それくらい、リアクションは大事なところなんです。

 

で、この場合、次に会ったときもまた、

相手の方がいっぱい話していることが多いんですよね笑

 

 

どんなリアクションが良いかというと、

自分が話しているときを想像してほしいんですが。

 

 

どんなリアクションを取ってくれたら嬉しいですか?

 

ただ、頷いてくれるだけで良いですか?

それとも、出川哲朗さん張りのオーバーリアクションを取って

聞いていてほしいですか?

 

 

私は、出川さん張りのオーバーリアクションで

聞いてほしいです。笑

 

そんなリアクションで

聞いてくれたら楽しくなってしまいますからね!

 

というのは極端ですが、

話し下手とか、人見知りの方はそれくらいを意識して

やるくらいがちょうど良いと思います。

 

最初から、少しリアクション取れば良いですよってなると

多くの方が、こじんまりしたリアクションになってしまいますからね。

 

 

なんで、ちょっとスパルタっぽく言うかというと、

実は、これは私もそうだったからです。笑

 

何でも控えめにしてしまうので、

オーバーなくらいがちょうど良いと、

よく学んでいた方に言われていました。

 

 

なので、あなたも出川さんを見習って

オーバーリアクションをしてみてください。

 

それをしているうちに、

ちょうどいい具合を見つけられると思いますから。

 

では、今回はこれで。

 

 

より詳しい内容はメルマガでお伝えしています。

神戸隆弘オフィシャルメルマガ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2018 All Rights Reserved.