神戸隆弘 オフィシャルサイト

痩せる水の飲み方とは「なぜ、ダイエットに水が必要なのか?」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!神戸です。

 

今回はですね、

ダイエット中の水の取り方

水を取る意味について話をして行こうと思います。

 

今日のお話を聞いていただければ

水を取ることによって、もしかしたら体重を減らすことができる

そんな嬉しいこともありますから

是非最後まで読んでいただきたいと思います!

 

なぜ、水を飲んだ方がいいのか?

で、水を取りましょうってことは、ダイエット以外でも言われてますよね

ダイエット中はもちろん

水を取った方がいいですよってことは言われますし

 

さらには女性のモデルさんとかもですね

1日に3リットルとか会える6リットルとか

かなり飲む人もいらっしゃるみたいなんですけど

そういう風に水を飲むのがいいってことはですね

よく言われてますね

 

ネットでもテレビでも。

 

じゃあなんでそういう風に言われるのかっていうことなんですが・・・

体内での水の役割

人間は身体の60%〜70%ぐらいが水分だっていう風に言われていますし

細胞の中とかもそうですね

水分が多いわけです

 

で、水分はどういう役割してるかって言うと

 

体の中の機能ですね

臓器だったり脳とか色々そうですけれども

そういった体の機能を正常に保つために

正常に動かすために水分が使われているわけです。

 

そういった意味でですね

やはり人間の60%が水分なわけなんで

 

やはり水というものは凄い重要な存在だということです

 

そう考えるとですね

人間の機能を正常に保っている役割をしているのが

水分だということが言えると思うんですが

 

人間の機能を正常に保つっていうことは

 

それは代謝が起こっているって事ですよね。

 

通常の日常生活をしていくときに

代謝が起こっているわけなんですが

 

それを正常にしていくのが水分の役割なんだってことであれば

水分をしっかり取っている、水を取っていれば代謝が正常になるということ

 

代謝が正常にあるって事は、消費カロリーが一定ちゃんとあるって事ですよね

 

これは、ダイエットで考えると・・・

 

消費カロリーはなかなか落とすことはしたくないわけです

代謝を下げずに、消費カロリーを下げずに食事をしていけば

痩せていくことができるわけですよね

 

代謝は下げない方が絶対いいわけですし

ダイエットしていくためにはすごい有利なわけです

 

だから代謝を下げないようにするために水を飲むと良いですよーってことです。

 

代謝を下げない=消費カロリーを高くしていくってことに繋がっていくので

なので水分、水を取りましょうっていうことなんです

水を飲むと、さらに嬉しい効果が

で、さらにはですね

ダイエットで言えば嬉しい効果もありまして

 

イギリスの研究ではですね

お腹がすいた時にお水を飲むことによって

空腹感が抑えられるとか

 

さらにはですね、食事をその後した時に

食欲も抑えられると

 

暴飲暴食あまりしないようになるという風に言われています

 

実際に研究でわかってるぐらいなんで

なので水を飲むということは

ダイエットにおいても効果がありますよっていうことなんですね

 

実際に水を飲む意識して飲むようになってから

体重が減ったっていうようなことも聞いてますので

水分とるって事は非常に重要な事なんですね

 

僕のクライアントさんでも、水を飲むことを忘れてしまった時にはですね

体重の減りがあまりよろしくなかったって話もされていましたし

 

それぐらい、水を取るか取らないかっていうところで

ダイエットの影響も大きくなっていきます。

 

では水分とか水とかって話をしてますけれども

何をとっていけばいいのかってことなんですが

水分?水?違いがあるの?

やっぱり水を取った方がいいんですね

水分ではなくて水を取った方がいい

これ何が違うかっていうと

水分というのは、水というか液状のもののことをいう

コーヒーだったりとかジュースとかのこと。

 

ミネラルウォーター以外の何か入った、お茶とかもそうですね

そういったものは水分なんですね。

 

で、結論は、水分ではなくて水を取った方がいいんです

ミネラルウォーターであったりとか

または浄水器とか家につけられてるなれば浄水とかですね

そういったものを飲んで行くのが一番いいですね

 

水分と言われるようなコーヒーだったりとかも

アルコールもそうだしお茶もそうですけど

カフェインとかですね利尿作用があるようなものが入ってると

 

どうしても水を抜けて行きますね、お手洗いにいく数が増えていくわけなんで

結局、体内から水分が抜けていってしまうわけなんで、

 

もしアルコールとかまコーヒーとか飲む場合は、

同じ量の水を飲んでいくっていうのがすごいいいです

 

そうすれば、補填できますから

水分が体から抜けるって事を避けていくことができるので

 

なるべく同量の水を飲むっていうこと

 

1日に水分ではなくて、水をどれだけ飲んだかということを意識して欲しいんです。

 

水分でなくて水を優先して取っていただきたいと思いますね

水を飲むタイミング

で、その水を取るタイミングなんですけども

お勧めはも普通に朝昼晩の食事の前とかですね

そういった時に摂ったほうがいいと思いますし

 

また特に、朝は水とか白湯を飲むことをお勧めします

冬とかはあったかいのはいいと思いますので

白湯を飲めばいいと思いますし

 

夏とかでもですね水を飲む時に冷たいのは

あんまりお勧めしなくて常温がいいと思います

 

なるべく常温のものを飲んでいただくと良いと思います

冷たいものを飲むと腎臓に負担がかかったりするので

朝起き抜けにですね冷たい水を一気に飲んでしまうと

身体に負担がかかってしまいます。

 

なるべく常温にしていただいて

真冬は白湯、あったかいお湯を飲んでいただくのが良いと思います

 

それに、朝飲むことによって自律神経を整えるような効果もありますので

 

色々嬉しいことがありますから朝から水を飲むのは良いのです

 

で、なるべくですね、こまめにとっていただくのが良いと思います

一気に飲んでしまうとこれも体に負担をかけますから

一気に1リットル飲むとかそういうことじゃなくて

 

朝昼晩に分けていただいて、昼と夜の間に一回飲むとかですね

500_MLずつぐらいで飲んでいただければちょうどいいと思います。

 

ちょっと多いなーって方は

1日に合計で2リットル取れるように、こまめにとっていただければいいと思います

そうすれば難しくなく摂っていくことができると思います。

 

1日に飲む適正量は?

1日にどれだけ飲めばいいのかっていうことなんですがその量はですね

1日だいたい2Lぐらいでいいと思います

 

それ以上取ってもいいです。

 

もちろん人それぞれ人になるよってのあるんですけど

だいたい2Lぐらいで十分だと思います

 

それ以上取る必要もないと思いますし、あまり摂りすぎるとですね

トイレばっかり行きたくなっちゃって、つらかったりするので

 

なので自分に合った量を取っていただければいいんですが

なるべく2Lぐらいは取っていただけると良いと思います

 

そうすればですね体の水分が抜けて行ったりとか

失われていくってのは避けていくことができるのでなので

基礎代謝を保っていくことを考えても必要な量です。

 

ぜひ一日に2リットルですね

タイミングを見計らって飲んでいただくとがいいと思います。

 

ということで今回は、

ダイエット中の水の飲み方についてお伝えしました。

 

基礎代謝を下げないことで、消費カロリーを保つことができますので、

必ず水は飲むようにしましょう!

 

それでは、

本日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました^ ^

 

毎週3本動画を配信していますので、YouTubeもご覧ください♪

YouTubeチャンネル登録はこちらをクリック

LINE公式アカウントの方では個別で質問していただけます
質問をブログやyoutubeでお答えするような形になると思いますが
個別で質問できますので、是非、ご登録頂ければと思います!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「とりあえず5キロ」と始めたら22キロのダイエットに成功。さらにメンタルトレーニングで”在り方”を高めることで、女性からの目線が変わり、ステキ女子に愛されるように。その経験から、外見とメンタルを高めるスタイルアップコーチとして活動。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TAKAHIRO KANBE , 2020 All Rights Reserved.